都市ガス自由化って?


こんにちは!

2017年4月から「都市ガス自由化」が始まることご存知でしたか?
昨年4月から始まった「電力自由化」より大きく取り上げられていないと感じるのは私だけでしょうか?

今までは、都市ガスを使うには何も考えずに「その地域のガス会社」と契約をして、料金を払ってガスを使っていました。
しかし、自由化によって地域のガス会社以外にも「選択肢」が生まれます。
当然、会社ごとに料金やサービスが異なりますから、業者間での競争が生まれます。
この競争による料金水準の低下や、サービスの向上がガス自由化の狙いです。

ガス会社を乗り換えるにあたっては、工事も全く必要ありませんし、切り替え費用も掛かりません。
WEBなどから手続きをすれば、簡単にガス会社を乗り換えることができます。
当然、ガスの燃え方が変わることもありえません。変わるのはガス料金の支払先とガス料金くらいなものです。
つまり私たちにとっては書類上の違いでしかないと思います。

 

「都市ガス自由化」で毎月のガス料金は何円安くなるのでしょうか?
実際のプランを元にした試算が下記になります(平均的な使用量とされる、33㎥/月で試算)。大阪ガスから既に料金プランが公表されている関電ガスへの乗り換えで試算されています。

 

 

年間3840円の節約となりました
。率にして7%オフくらいです。年間で3840円しか安くならないんじゃ、面倒だからいいや。と、思ってしまった人も少なくないのではないでしょうか。
そういう人にはガスより1年先に自由化されている電力会社の乗り換えがいいんじゃないでしょうか。
同じく関西の標準的使用量(300kWh)の世帯では、電力会社を乗り換えるだけで月2137円/年25644円もお得になります。
使用状況や乗り換える先の会社によっても金額は当然変わってきますが、ガス会社を乗り換えるよりも節約額は数倍大きいです。

 

次にガス会社の乗り換えに必要な初期費用の一覧は下記になります。

 

 

 

 

 

 

これだけ?と思った人も多いでしょう。乗り換えにあたっては特に工事も必要ないですから、そんなもんです。
「電力自由化」の時もそうでしたが、契約事務手数料が無料の会社も多いですし、普段は有料でもキャンペーンで0円になるケースも多くありそうです。結果として、トータル0円で乗り換えが出来るケースが多いと思います。

 

LPガスへの影響は、都市ガスの自由化とLPガス(プロパンガス)との直接の関係はありません。しかし、都市ガスが自由化されることでLPガス業界にも様々な形で、間接的な影響がありそうです。
都市ガスの料金水準が低下するので、プロパンガスとの価格差はますます大きくなります。また、LPガス業者間の競争にも影響がありそうです。
こうした要因をふまえると、LPガスの料金水準も全体として下がる方向になりそうな気がします。賃貸だと難しいですが、戸建ての持ち家の場合はガス屋さんを乗り換えると、料金が大幅に安くなることもあるようです。

 

以上のことから私の感想は、ガス会社乗り換えより電力会社乗り換えの方が節約額が大きいからあまりお得ではないのかな、と思ってしまいました。

 

みなさんは「都市ガス自由化」をどう思われますか?

再配達は当たり前??

インターネットで、気軽に買い物をすることが当たり前になった現代。

購入した商品を、すぐに自宅まで届けてくれる宅配業者は非常に有難い存在です。
スマートフォンの普及や、近年の高齢化、共働き世帯の増加などにより、
時間や場所を問わずに利用できるネット通販などのEC(電子商取引)市場が成長しています。

今や配達は翌日や当日のみならず、
「時間」や「分」単位で受け取れるサービスが充実しているにもかかわらず、
2回以上の再配達が全体の約2割に達しています。

しかし、利便性が高まる一方、あまりにも多くの「時間指定の荷物」が
増えてしまったことで、宅配業者に大きな負担がかかっています。
2016年の年末から2017年にかけて「事業所がパンクして機能停止」
「ストレスを抱えたスタッフが暴走」など、
問題点が浮き彫りになったケースも散見されています。

 

特に、宅配業者の負担になっていると言われているのが、
「注文当日に届く」「注文翌日の午前中に届く」といった
サービスを利用したにも関わらず、不在で再配達をしなければならないケース

再配達は当然 ではないのではないでしょうか。
このままではいずれどこかで今のシステムが崩れてしまうのではないかと思うことがあります。

宅配を頼むと、荷物の受け取りが必要。
でも、在宅している限られた時間で荷物を受け取るのは結構難しい。

家を空けることが多くて荷物が受け取れない。
防犯上、出るのが怖い。
子供だけの留守中には不安・・・
家事で手が離せない。
仕事でいつも夜が遅い。

その無駄を減らすのが、留守でも荷物が受け取れる戸建住宅用「宅配ボックス」

電気工事不要で設置も後付け可能です。

サイズも豊富で、ポストに入らない通販封筒から大型の荷物まで対応。

時間指定なしでいつでも受け取れる!
再配達を依頼する手間が不要!
受け取りの押印もコンボが代行!
特殊キーを使用し盗難等のピッキングによる解錠は困難!
まさしく今の時代に適した商品です。

お値段もお手頃ですので、この機会にご購入されてみてはいかがでしょうか。

名前名前

プチリフォームでスッキリ!キレイに!


こんにちは!

早速ですがお家の中で気になる箇所はございませんか?

掃除をしても落ちない汚れ、年季のはいった古い機器。

毎度の掃除が大変だったり、傷みがひどくなっていたり。

そう思われている皆様、この機会に思い切ってリフォーム、交換してみて
そんな不満をキレイにスッキリしてみてはいかがでしょうか?

工事がたった1日でリフォームできるものもありますのでいくつかご紹介します。

●コンロ【IH・ガス】
毎日の料理で使うコンロ。
掃除をしても汚れが落ちない、使い勝手が悪いと料理も大きな負担になってしまいます。
最新のコンロなら安全性に考慮され便利な機能も充実、お手入れもラクラクです。
ビルトインコンロの工事交換なら短時間で完了します。

 

 

●給湯器

 

 

 

 

 

 

毎日のあたたかな暮らしを支える給湯器。
お風呂を沸かす、床暖房や浴室換気暖房乾燥機などの温水暖房機能をつかうなど、
様々な機能で生活も気持ちも温めてくれます。
古くなって故障をしてしまうと大変です。
故障する前に交換すると心配をしなくて済みます。お風呂の湯沸かし機能や最新の省エネタイプなどの給湯設備が存在し、生活が驚くほど便利になることもありますので暮らしに合わせた選択が重要です。

 

 

●内窓
冬場の窓周りがビショビショ、冷暖房の効きが悪く電気代が高い、外の音が家まで聞こえてくる。
そんな問題を解決してくれるのが内窓。窓1枚あたり約1時間のスピード施工、熱を逃さず結露も防ぐ断熱性、結露を抑えてカビ・ダニの発生を予防、取付けた瞬間から音を入れないもらさない遮音性。
今ある窓の内側に取付けるだけでさらに快適な空間に変わってしまいます。

 

●玄関ドア
玄関が寒い・暑い、薄暗い、空き巣が心配など困りごとの多い玄関。
そんな玄関のドアが簡単に、なんと家の壁なども壊さずにキレイにリフォームできてしまいます。玄関と言えば家の顔と言えるのではないでしょうか。
そのわが家の顔が新しくなって雰囲気も明るくなって防犯もしっかりしていて、しかも断熱性もアップして夏の暑さや冬の寒さを抑制してくれます。
いまの暮らしに快適さと安心を生み出してくれます。

 

 

まだまだプチリフォームはありますが特におすすめの箇所をご紹介しました。

 

現在、国は『住宅ストック循環支援事業』というエコリフォームに対しての補助金制度を実施中です。予算額が無くなり次第終了となりますので、この機会にお家の中で気になる箇所のリフォームしてキレイにスッキリしましょう。

『住宅ストック循環支援事業』についてはこちら

いよいよ交付申請がスタート!エコリフォームで最大30万円の補助!:住宅ストック循環支援事業

こんにちは

お正月気分も抜け、本格的に頑張るぞ!と意気込んだものの過去最強クラスの大寒波の襲来で、折れそうな心と格闘の日々を送っている私ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか・・・

今回は『エコリフォームで賢くお得に!』ということで、国の補助金活用のご紹介です。

平成28年度の補正予算で約250億円規模の補助事業『住宅ストック循環支援事業』が、この平成29年1月18日(水)から交付申請を開始しました。

事業の概要はというと『良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度』ということですが、下記の3つの取り組みに対して支援されます。

  1. 良質な既存住宅の購入
  2. 住宅のエコリフォーム
  3. エコ住宅への建替え

この中で一番活用しやすそうな『②住宅のエコリフォーム』に焦点をあててご紹介したいと思います。

定められたリフォーム工事の内容に応じて設定されている額が補助され、なんと最大で30万円の補助が受けられます。(耐震改修までおこなえば45万円になります)

対象になるのは、

下記の3つのうち、1つ以上おこなうのが必須要件になってます

  1. 開口部の断熱改修・・・窓や玄関ドア、勝手口などの断熱性能を強化する(ガラスを替えたり、内窓をつけたりなどです)
  2. 外壁、屋根・天井または床の断熱改修・・・家の断熱材の性能を強化する(性能の高い断熱材に替えたり、新たに断熱材を追加して分厚くするって感じです)
  3. 設備エコ改修・・・省エネ性の高い設備に替えたり、導入するなどです

必須の要件を満たせば、『④併せて対象とするリフォーム等』に設定されている工事にも追加補助されます。

補助される金額の一覧はこのとおりです

ということなんですが、具体的にどんなリフォームをすれば、いくらくらいの補助になるのか?を考えてみました。

例えば、浴室のリフォームをご検討されているのであれば、一緒に給湯器も取り替えれば、なんと134,000円補助になります。

ユニットバスはリフォームしたいけど、給湯器はなぁ・・・・って方であれば

ユニットバスとトイレのリフォームをやっても同じ134,000円になります。

是非とも浴室のリフォームなどお考えの方はご活用して戴きたいと思います。

ご紹介した例以外にも、サッシや内窓設置なんかは、冬の寒さ・夏の暑さに効果が大きいのでオススメです。

こまかな要件や注意点などもありますので、詳細は下記の事務局HPをご参照下さい

住宅ストック循環支援事業事務局 https://stock-jutaku.jp/

当社にも特設ページを設けて御座いますので、是非一度お立ち寄りください。
↓バナーをクリックでジャンプします

給湯器のおはなし

%e6%96%b0%e5%b9%b4

2017年の始まりま全国的には穏やかな気候で過ごしやすいお正月となりましたね。
しかし、また急に冷え込みが始まり、朝晩は吐く息が白くなってきました。

 

さて、冬場になると「給湯器の故障した!」とよく耳にします。
大半の理由は冬場の寒さでの”凍結”です。
給湯器本体には安全装置が作動し、凍結を防止しますが、接続されている配管までは凍結を防止できません。
よって、配管が凍結した場合はキッチンやシャワーのお湯側の蛇口からお湯も水もでなくなってしまいます。
また、積雪により給湯器本体が破損することもあるそうです。
故障も多いことから、冬は給湯器の需要も増えます。

そこで、今回は給湯器についてお話したいと思います。

続きを読む

「断熱材」って知ってます?

先日、東京でも降雪があったり、インフルエンザが流行りだしたりと
すっかり季節が冬に移り変わったように思います。
この季節にかかわってくるもので断熱材について少し調べることが
あったのでお話したいと思います。
img01 続きを読む

コンパネのお話

今日はショップの名前にもなっています「コンパネ」のお話です

コンパネはコンクリートパネルの略称でコンクリートを固める際の
型枠に使用する用途の名前なんです

正式には 「合板」 が正解です ごうはん(合わせ板)なんです
英語では Plywood  プライウッド  

ベニヤともよく言われますがこれも正確には違うんですね
合板はどうやって作られているか簡単にご説明しますと
続きを読む